女性の薄毛の原因はホルモンバランスが乱れやすいことが挙げられる

2人の女性

牽引性脱毛症とは

頭を触る女性

女性の薄毛原因の1つに挙げられるのが、「牽引性脱毛症」です。牽引性脱毛症はポニーテールなど、髪を引っ張り続ける事で毛根にダメージが加わり、起こる脱毛症です。ヘアスタイルを変える事によって、予防・改善できます。

Read More

過剰なヘアケアで抜け毛

櫛とブラシ

女性が薄毛になってしまう原因の1つに、過剰なヘアケアが挙げられます。ヘアケアをし過ぎてしまうと、頭皮にダメージが加わり、薄毛の原因となってしまうのです。特にシャンプーはヘアケアの基本なので、正しく行いましょう。

Read More

髪の健康を守るために

笑顔の女性

ホルモンとストレス

薄毛は中年の男性に発生することが最も多いですが、女性にも十分起こり得るものです。一般的な薄毛の原因は、加齢、遺伝、男性ホルモンの影響などですが、女性に起こる薄毛の原因は、ホルモンバランスの乱れやストレスが多くあげられます。女性は一生の中でホルモンバランスが変化する時期が何度もあります。思春期、妊娠や出産、閉経など、様々なことが原因となって女性ホルモンの分泌量が変化します。また、ストレスを感じることによって自律神経のバランスが崩れ、薄毛が発生することも少なくありません。ホルモンバランスと自律神経のバランスは互いに大きな影響を与えます。どちらのバランスが崩れたとしても、相互作用によって身体に悪影響を及ぼす可能性が高いと考えられます。また、ストレスにさらされることが多くなっている現代社会においては、女性の薄毛はますます増加していくものと考えられています。

効果的な改善方法

女性の薄毛を改善するためには、何によって薄毛が起こっているのかという原因を明確にしなければなりません。妊娠や出産などで一時的にホルモンバランスが乱れていることによって発生しているのか、それとも閉経などが原因となって女性ホルモンの分泌量自体が減少してしまっているのか、あるいは仕事や私生活で感じているストレスが原因となっているのか、その原因に合わせて対策をとる必要があります。ホルモンバランスの乱れや分泌量の低下が原因の場合にはバランスの良い食事を心がけるのが良いとされています。特に大豆製品を食べることが効果的と言われています。ストレスが原因となっている場合には、ストレスを回避するか、ストレスを発散するのが最も良い方法です。女性にとって髪はとても大切なものです。年齢を重ねても健康的な髪でいられるようにしましょう。

脱毛を防ぐ方法

考える女の人

薄毛の原因は人それぞれで、男性と女性とでも違います。脱毛症になった原因を科学的に調べるには、遺伝子検査や毛髪ミネラル検査などがあります。遺伝子検査は、自分に薄毛の遺伝子があるのか心配な人にもおすすめです。

Read More